クレジットカード,比較

ICカード

クレジットカードは様々な進化を遂げて現在のような形にでっかあぁ〜してきていまっけど、今後、未来のクレジットカードはどのような姿になるのでっしゃろーか?現在切り替えが進められておるクレジットカードのIC化は、クレジットカードのまっサラ潮流とゆうことができそうや。ICカードには従来のカードよりも大量の情報を持たせることができるため、まっサラさまざまな活用方法を考えることができまんねん。またICカードは、情報を読み取りにくい性質を持っておるため、スキミングによる偽造被害を防止するのに役立つと考えられていまんねん。

 

ICカードにもいろいろなタイプがあるんやが、大きく分けると接触型ICカードと非接触型ICカードの2つに分類することができまんねん。有料道路の料金支払いをスムーズにするETCカードは接触型ICカードの代表例であり、電子マネーの中でも最もよう知られておるEdyカードは非接触型ICカードの代表例と言えるでっしゃろー。ICカードは、今後もその特性をいかして利用の場をさらに広げ、どんどん身近なものになっていくことが予想されまっせ〜そういった視点から考えると、ICカードは「未来のクレジットカード」の姿にいっちゃん近いものと言えるかもしれまへん。

 

ではクレジットカードに限って考えると、IC機能のついたクレジットカードにはどのようなメリットがあるのでっしゃろーか。一般に、ICクレジットカードはスキミング犯罪なんやらに強いため、セキュリティ面で優れておると考えられていまんねん。せやけど、カードの利用の仕方によっては、じぇったいしもそうとはいえへん場面も出てくるのではおまへんでっしゃろーか?

 

通常ICクレジットカードを利用するにあたっては暗証番号の入力を求められることになりまっけど、仮に暗証番号をメモした紙をカードと一緒に持ち歩いていて財布ごと盗まれたとすると、カードの不正利用は実に簡単にできてしもてまんねん。また、暗証番号を入力する際に、後ろ側なんやらから他人に番号を盗み見られるとゆう危険も考えられまんねん。暗証番号の管理責任とゆうのは基本的にクレジットカード会員にあるとされるため、うっかり暗証番号を知られてしもうた場合の不正利用については、保険の補償の対象にならへんと考えられるのや。

 

つまり、ICクレジットカードはセキュリティとゆう面で、従来のサインが必要なクレジットカードより会員自身の管理能力が問われるものとゆう見方をすることもできるわけや。このような事情を踏まえ、現在でもわざわざICチップを搭載しておらへんクレジットカードを選ぶとゆう人もおるようや。

 

100年後の未来のクレジットカードに採用されておるセキュリティ対策とは、どのようなものになっておるのでっしゃろーか。