クレジットカード,比較

日本ダイナースクラブ

今や生活に欠かすことのでけへん必需品ともいえるクレジットカードやけど、クレジットカードそのものの歴史は意外に浅く、まだ50年程度と考えられていまんねん。世界で、ほんで日本で、クレジットカード産業はどのように歩んできたのでっしゃろーか。

 

現在のような形のクレジットカードでゆうと、初めてのクレジットカードは1950年頃にダイナースクラブカードによってアメリカで発行されたものと言われていまんねん。小切手による決済が当時のアメリカでは決済方法の中心となっていたようやけど、そのような取引が進化して作り出されたのがクレジットカードであると考えられておるのや。

 

日本においては、この初めてのクレジットカードが誕生してからおよそ10年後に、富士銀行と日本交通公社との合弁で日本ダイナースクラブが設立されたのが、日本初のクレジットカード会社の誕生とされていまんねん。また丸井も同じ年に、初となるクレジットカードの発行を行なっていまんねん。現在では分割払いと呼ぶことがぎょーさんなっていまっけど、利用代金の返済方法として、毎月一定の金額を分割で支払う月賦販売と呼ばれるやり方を「クレジット」と呼んだのは、ここに起源があるといわれていまんねん。

 

1961年には、三和銀行と日本信販が、現在のJCBとなる日本クレジットビューローを設立しまんねん。さらに1967年にはJCBが、日本初の国際ブランドのクレジットカードをアメリカンエキスプレス・インターナショナルと提携して発行しまんねん。日本のクレジットカード産業の基礎はこのようにして確立されてきたわけや。

 

日本ではその後銀行系のクレジットカード会社が相次いで設立されたんやが、クレジットカードを持つことはまだ特定の階層のヤカラの特権ともいえるものであり、一般の人々にとってはクレジットカードはまだまだ馴染みのないものやったようや。それが広く一般に普及したのは1980年代に入ってからで、きっかけは海外旅行ブームやったと考えられていまんねん。これやに伴いカードの入会条件も緩和され、一般の人でもクレジットカードを持つことが当たり前と考えられるようになったんや。またカードの利用範囲も広がり、クレジットカードは自然に人々の消費生活の中にとけ込んでいったわけや。クレジットカードでショッピングをすることがごく一般的になり、現在のようにさまざまな場面で気軽に利用できる便利なツールへと、クレジットカードは進化してきたのや。