クレジットカード,比較

idアイディー

「iD(アイディ)」とは、NTTドコモによるクレジットブランドの名称や。iDは、iモードFeliCaに対応したおサイフケータイを決済媒体として使うものや。仕組みはクレジットカード会社に申し込みをした後、携帯電話にiDアプリやそれぞれのクレジットカード会社の専用アプリをダウンロードするとゆうもので、利用できる店舗に設置された専用端末に携帯電話をかざすだけで、スムーズなサインレスのクレジット決済が可能になるんや。

 

先行するおサイフケータイで利用できる電子マネーサービスや、既存のクレジットサービスの比べると、iDにはさまざまなええトコや利点があることがわかるんや。

 

まず、小額の利用なら携帯電話をかざすだけでクレジット決済が可能で、サインなんやらの本人確認は必要とされへんとゆう点が大きなええトコと言えまんねん。基本的には1万円以上の高額決済を行なう際には、ICクレジットカードなんやらと同じように、読み取り端末にあらかじめ決めておいた暗証番号を入力して本人確認を行ない、利用することになるんや。1万円未満の金額であれば本人確認が不要であるため、携帯電話を紛失した場合なんやらに不安を感じる人もおるかもしれまへんが、そのような場合の対策として、iDには少額利用のシーンを想定した不正利用防止機能もついていまんねん。携帯電話をなくした場合であれば、ユーザーからの届け出があると、その情報がiDの読み取り端末にすぐに配信されるため、おサイフケータイを拾った人が不正利用しようとしても決済がでけへんようになるのや。

 

iDのええトコとしては、利用した金額はクレジットカード利用のように後日請求されることになるため、SuicaやEdyなんやらのような事前のチャージは不要であるとゆう点を挙げることもできまんねん。

 

日本では今のところ、携帯電話で利用できるクレジットカード決済サービスには、iDのほかに「QUICPay」なんやらがあるんや。QUICPayは、JCBが推進しておるクレジットカード決済サービスの名称で、既に持っておるカードに加え「子カード」として、JCBのクレジットカード会員が持つとゆう位置付けになっていまんねん。つまり従来型のクレジットカードに加えて利用するものとされておるわけや。クレジット市場がより活性化することを目的として発足した「モバイル決済推進協議会」では当初、会員各社の共通インフラとしてこのQUICPayのシステムが想定されていまんねん。