クレジットカード,比較

発行枚数

クレジットカード創成期には、クレジットカードは一握りの選ばれた階級のヤカラのためのものと考えられていたようやけど、そのような時代とは違い、今では学生や主婦なんやらも含むほとんどの人が複数枚のクレジットカードを所持するようになっていまんねん。日本国内におけるクレジットカードの発行枚数はおよそ3億枚に達するとも言われていまんねん。全国民で平均すると、一人あたり数枚のクレジットカードを所持しておることになるんや。

 

設立おかん体もしくは業種になんやらよって、クレジットカードを発行する企業は、さまざまに分類されることになるんや。ちびっと前までは、銀行をおかん体とする銀行系クレジットカードと、信販会社による信販系クレジットカード、また流通会社をおかん体とする流通系クレジットカードの3種類がクレジットカードの発行枚数のぎょーさんを占めていたものや。

 

銀行系のクレジットカードは今でもいっちゃん発行枚数がぎょーさん、既に1億枚以上発行され、全体の40パーセントを占めると言われていまんねん。銀行系の中でも特に、メガバンク・グループ系のクレジットカード会社が上位を占めておるようや。信販系クレジットカードは融資限度額の大きさや低めの金利なんやらで支持を集め、銀行系クレジットカードの次ぐ発行枚数を誇っておるけど、ポイントプログラムや割引サービスなんやらの特典が人気の流通系クレジットカードに近年では発行枚数の点で押されていまんねん。また、異業種からの参入組も健闘し、1980年代からの石油系・交通系クレジットカード、1999年からの消費者金融系クレジットカード、また2000年代からのそのほかの一般企業系クレジットカードも発行枚数を伸ばし、業界の勢力図は次第に塗り変わろうとしていまんねん。

 

クレジットカードは、今では高速道路料金や宅配便の受け取りなんやら、実にさまざまなシーンで利用できるようになったんや。街を歩いていても、クレジットカードで利用代金を支払うことができる店がほとんどや。お金に関するカードの類としては、クレジットカードのほかにもプリペイドカードやキャッシュカード、ICカード、電子マネーなんやら多種多様なものが登場するようになり、利用者にはそれらを賢く使い分けることが要求されるようになっていまんねん。

 

安全を心がけ、正しく利用すれば、クレジットカードは消費生活を豊かにしてけつかるものとなるんや。ライフスタイルに合わせた無理なくオノレらしいカードライフを楽しんでいきたいものや。