クレジットカード,比較

VISA

国際カードブランドは世界のクレジットカードの共通規格で、1枚のクレジットカードが世界中どこでも使えるようにと工夫されたものや。例えばビザカードのマークが付いておるクレジットカードであれば、世界中のビザカード加盟店で決済に利用することが可能になるんや。では、クレジットカードの世界シェアはどのようになっておるのでっしゃろーか。

 

全世界で最もぎょーさん普及しておるカードブランドは、VISAや。このカードは世界各国の銀行が共同運営するビザ・インターナショナルとゆう非営利団体のカード管理会社によって統括管理されていまんねん。VISAのシェアは圧倒的ともいえ、クレジットカードの世界シェアのおよそ60パーセントを占めるほどであるといわれていまんねん。

 

VISAについで世界シェアが高いのはマスターカードで、およそ30パーセント近いシェアを持ち、アメリカンエキスプレスはおよそ10パーセントほど、ほんで国際クレジットカードブランドとしては日本初のブランドであるJCBの世界シェアは1パーセントあまりと言われていまんねん。日本国内で発行中のクレジットカードも、ビザカードかマスターカード、せやなかったらJCBを含めた3社から選べるとゆうものがほとんどや。

 

VISAのマークがある加盟店ならどこでもVISAのクレジットカードで支払いをすることができまんねん。VISAは加盟店がいっちゃんよぉーけあるクレジットカードで、その数は3000万店をメッチャえるとされていまんねん。国内外を問わず利用できる店がよぉーけあるクレジットカードが欲しいと考えておるのであれば、VISAがいっちゃんでっしゃろー。

 

VISAの次にぎょーさんの加盟店を持つのはマスターカードや。マスターカードの加盟店は、ヨーロッパなんやらによぉーけあるとゆうええトコがあるんや。海外旅行に出かける際には、VISAとマスターカードの両方を揃えてあれば、まず安心と言えるでっしゃろー。世界のほとんどの加盟店でクレジットカード決済を利用できるはずや。旅行に際しクレジットカードを複数枚用意するさかいあれば、それぞれのカードの国際ブランドが重複せん!ように考えておくとええーでっしゃろー。

 

マスターカードの加盟店がヨーロッパによぉーけあるとゆうように、どこの国際ブランドがその都市でぎょーさんの加盟店を持っておるかは、国や地域によってさまざまなええトコがあり、異なるものや。海外旅行に出かける際には、そのような事情もあらかじめ調べておけば、いざとゆう時の支払いに困るようなことはないでっしゃろー。